青森県弘前市の店舗情報・観光情報など弘前での生活や観光に役立つ総合情報サイト Ring-O Web(リンゴウェブ)

地域情報MENU

特集記事コーナー

りんご日記をもっと見る

店舗情報

その他 Ring-O No.5006006

百石町展示館


百石町展示館は、明治13年に1,064戸を焼失したという大惨事の弘前大火を教訓に、「燃えない建物」と、明治16年、宮本甚兵衛が土蔵造りの建物を「角三」呉服店の店舗として新築したのが始めの姿です。大正6年、津軽銀行(昭和18年、青森銀行に合併)が買い受け、当時の呉服店によく見られる入り口開放部分の一部を残して壁面にし、下屋を取り除いて窓に鉄扉を取り付けるなど、必要最小限の改装を加え、銀行本店として営業します。このため、現在でも二階からは土蔵倉庫に漆喰工法で表示してあった「角三」の屋号を見ることができます。建物は、平成13年4月に青森銀行から寄贈され、市では、明治・大正期の建築手法を残す貴重なものとして、平成14年1月に文化財に指定し、保存活用のための整備を行ってきました。整備にあたっては、「市民の文化活動を支援する施設」「人々が集う施設」を中心にしながら、「文化財としての特性を活かした施設」の3点を建物の性格として位置づけております。

周辺のイベント情報

周辺の店舗

この記事を見た人は以下も閲覧しています